転職ナビゲーター 『迷い』や『不安』を感じる時はエージェントの利用がオススメ!

フリーランスのエンジニアの定年と転職

 IT業界で自分の力を試したいというエンジニアは『フリーランスになる』という選択をする場合もあります。
独立して個人事業主になり、クライアントを探して仕事を請け負うという形で働くのがフリーランスの基本です。雇われの身ではなくなるので定年がなくなり、仕事を手に入れることさえできれば年齢を気にせずにいつまでも働けます。
しかし、仕事の依頼がなくなったらそれが定年とも言えるでしょう。現実的な問題として健康面でのことなどもあるため、自ら作業するフリーランスとしては40代から50代程度までということが多く、その辺りが定年になってしまうことも多くなっています。

 しかし、そこでエンジニアとしての人生が終わるというわけではなく、個人事業主として働いてきた経験は転職に生かすことが可能です。個人事業主になると一人で仕事を完遂させるという経験を積めるだけでなく、経営や営業、経理に関する考え方も身につきます。広く企業で利益を生み出すために行われている仕事を把握できるのがフリーランスのメリットでしょう。

 転職エージェントの力を借りることによってフリーランスをしてきた経験を効果的に訴えかけることができるようになると共に、非公開求人を紹介される可能性も切り開けます。経営に関わる『管理職』や『指導者』への道を選べるようになるのはフリーランスをする魅力の一つであり、あまり公開されていない貴重な求人の紹介を受けて新たに管理職などで働ける可能性があるのです。